小学生でも投資できるよう1,000円単位の株取得を認めて欲しい

タイトルにはけっこうインパクトがあると思う。しかし、株式というのは生きた社会見学でもある。日本経済や世界経済を知る第一歩になることは間違いない。そこで1,000円単位の株の取得を認め、かつ税金がかからないようにすればどうだろうか。

 

株式会社とはそもそもどういう意味なのかがよく分かると思う。そして「投資」というものの意味と意義を知るきっかけにもなり、また株式市場を活性化させるきっかけにもなろうかと思う。もちろん20歳未満は親の承諾書が必要である。買う時も売るときも同じである。フリーターやニート層にも株式市場に対する親近感が出ることであろう。

 

コンプリートガチャゲームにまはるよりも100倍健全だと思うのは私だけだろうか?

為替トレードはネット証券会社でも可能

FXなどの為替トレードを扱っているネット証券会社もあり、株式トレードなどもする方はそちらで口座開設するのがオススメです。為替取引は単純なのですが、奥が深い金融商品になっています。外貨取引や外貨建てMMFなどと比べてはるかに資金効率よく資産運用できるのが特徴です。上がるか下がるかだけなのですが、多くの要因が絡み合っています。為替売買ではやれることをやりきることが利益に直結する近道になっています。経済ニュースを見たり、チャートを駆使したりです。

 

為替トレードにおいて、予想サイトなどがあるので、そういったところで今後の為替の変動の参考にするのもオススメになります。証券会社では株式トレードも、もちろんできるので、FXトレードをおこないながらおこなうのがオススメです。FXトレードでは外貨預金をおこなって、毎日スワップ金利をもらい、株式投資では配当狙いの投資をおこなっても良いです。

 

ネット証券会社はいろいろな方法で投資できるのでオススメです。

投資の際の取引手数料について

証券口座を開設する際に熟考する内容として手数料があります。投資初心者の頃は手数料の相場がわからず、1回の取引でかなりな金額を取られていたと思います。最近では複数の証券会社に口座を持っていますが、手数料の高い会社の口座は次第に取引に使わなくなってくるので口座を解約してしまいます。

 

いつの間にか証券会社が合併して社名が変わったりする場合も解約するように自分でルールを決めています。


ネット証券会社の中ではSBI証券の手数料が安くて筆者は好んで使っています。

1日に何度もトレードする投資家にはアクティブプランという手数料プランが用意されていて何度でも売買しやすくなっています。

 

最近では松井証券のデイトレード(1日信用取引)プランの手数料は無料で魅力的なのでとても興味があります。こういうサービスがあるとトレードを何度もチャレンジすることができて投資活動も活発になると思います。投資を始めた頃に開設した証券口座に久しぶりにアクセスしたら社名は変わっているし、手数料は高すぎるしで即解約決定しました。投資意欲が無くなる手数料設定というのは証券会社の企業努力の欠如かもしれませんね。

 

手数料はなるべく低く抑えましょう。

ネット証券の手数料比較


このページの先頭へ戻る